ふるさと納税の基本

ふるさと納税とは?どんな仕組みなのか理解して、お得に利用しよう

更新日:

もはや知らない人がいないほど有名になった『ふるさと納税』

名前を聞いたことがあっても、システムまで理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。

ふるさと納税って結局なんなの?

という方に向けて、ちょっとかみくだいて説明していきます。

 

 

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、自治体に寄附をすることで税金の控除が受けられたり、地域の特産品を返礼品としてもらえるシステムです。寄附といっても、基本的に自己負担額は2,000円のみです。2,000円を超えた分は住民税や所得税から減額されます。

ただ税金を納めるよりは、節税にもなって断然お得なので、年々人気が上昇しているのです。

 

なんで、ふるさと納税っていうシステムができたの?
ひとことでいうと地域創生のためだよ。

地方創生とは、人口が東京に一極集中するのを改善して、地方の人口減少を防ごうとする政策のこと。

日本で生まれた人は、ふるさとで教育や医療などのサービスを受けて育ちます。しかし、進学や就職などでふるさとを離れ、都会に住むようになります。

その結果、税金は都会の自治体に集中してしまい、ふるさととなる自治体には税金が納められません。

つまり、ふるさと納税は、その名のとおり“ふるさととなる地域に納税できるようになる制度”ということです。

 

寄附するのは、自分のふるさとじゃなきゃダメなの?
そんなことないよ、寄附する自治体は自分で選べるんだ。ふるさと納税は、お世話になった地域や応援したい地域へ、寄附を通して協力することができるんだ。

ふるさと納税の意義は、これだけではありません。

ふるさと納税ができたことで、自治体は特産品をアピールして納税を呼びかけます。

他の自治体と競うことで、地域のあり方を考えるきっかけになりますし、地元企業とタッグを組んで返礼品を用意するなど、地域ぐるみでふるさと納税を盛り上げているところもあり、最終的に地域活性化にも繋がります。

寄附をする側と自治体側がWin-Winの関係なんだね。

ふるさと納税では、寄附金の用途を公表している自治体がほとんどです。自治体によっては納めた寄附金の用途も選べるところがあります。

 

2016年からはワンストップ特例の適用が受けられるようになり、ふるさと納税参入のハードルがグンと下がりました。手続きが面倒だからといって、ふるさと納税をしないのはもったいないですね。

関連記事ワンストップ特例制度って何?流れや仕組みを簡単に解説

 

ふるさと納税のメリット

  • 寄附をする自治体が選べて、さらに返礼品がもらえる

  • 2,000円を超えた分の寄附額は控除される

  • 地域の魅力を知ることができる

つまり、普通に税金を納めるより断然お得!

 

ふるさと納税の限度額

ふるさと納税がお得なのはわかったけど、それならたくさん寄附すればもっともっとお得なんじゃない?
それがね、そういうわけにはいかないんだ…。

2,000円を超えた分の寄附金額が基本的に全額控除されるわけですが、その金額には、収入や家族構成などに応じて一定の上限があります。

この上限額は2015年の制度改正によって、当初の約2倍になっています。

年間の上限を超えた分については控除されないので、注意しましょう。

限度額の詳細については、下記の記事でまとめています。

こどもはちいさな怪獣 ふるさと納税 限度額
【ふるさと納税】控除限度額って何?簡単にまとめてみました

ふるさと納税を通して自治体に寄附をする場合、気をつけなければいけないのが控除の限度額です。 何も考えずやみくもに寄附をしてしまうと、とんでもなく損をしてしまう場合があります。そうならないために控除限度 ...

 

 

 

-ふるさと納税の基本
-

Copyright© 【ふるさと納税ラボ】ふるさと納税の人気返礼品やおすすめ返礼品を紹介 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.